■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2002年10月号
わが街 今昔
■青葉区大場町(昭和40年代後半頃)
写真
青葉区大場町とみすずが丘の境界付近から、大場町、黒須田、すすき野方面を望む。しずかな谷戸だった大場町も、今ではすっかり近郊住宅地に変貌してしまった。鎌倉幕府の公式記録である「吾妻鏡」には石河六郎、江田小次郎、河勾(かわわ)三郎、鴨志田十郎、奈良五郎、中山四郎、都筑平太という周辺の地名と同名の御家人の名前が出てくるが、大場町の命名も大場三郎という者がいたからという言い伝えが残っているそうだ。
写真提供 大場町 白井さん

写真
現在の大場町付近(平成14年9月)

■前に戻る■