■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2003年 12月号 
わが街 今昔
■青葉区あざみ野二丁目(昭和46年頃)
 
写真
 あざみ野が中村と呼ばれた頃は、あざみ野駅の西側は人家もない丘陵地帯でした。 この中村から大場へ向かう一帯は、野ウサギやイタチ、キツネなどが駆け回り、ホタルや野鳥が飛ぶ自然の楽園だったのです。 駅の南側、矢指(やさし)と呼ばれた辺りからは古代の石斧や古銭、曲玉が発掘されています。この区画整理工事から五年後にあざみ野1〜4丁目が誕生しました。     


写真提供 新石川 飯島さん
                   
写真

あ ざみ野駅の南側からあざみ野二・四丁目を望む(平成15年10月)

■前に戻る■