■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2004年 3月号  
わが街 今昔
■青葉区新石川1丁目(昭和42年頃)
 

 中村と呼ばれたこの地区は、大正から昭和にかけて商店が立ち並んでいたそうです。昭和に入ると村役場や尋常小学校(山内小学校)も出来て、行政、教育、商業の文字通り山内村の中心でした。この県道の先に田園都市線の鉄塔が見えます。
県道はそのガードをくぐり、早淵川に沿って保木から川崎方面に向かいます。                                                      16、7年前、写真の金子商店には、よく野菜やパンを買いに行ったものです。

写真提供 あざみ野 金子さん



西勝寺の前より美しが丘5丁目方面(平成16年3月)

■前に戻る■