■ひろたりあん通信バックナンバー
 ▼2004年10月号
わが街 今昔 その1
■青葉区美しが丘4丁目(昭和40年10月)
 

          
 自宅を出た葬列がお寺(満願寺・あざみ野)に向う野辺送りの情景です。
写真の砂利道は現在の県道横浜生田線のバス通り。道の右側には田園が
広がり、その向こうを蛇行しながら早淵川が流れていました。
 雑木林が生い茂る反対側は、急な崖になっていて、いくつかある坂道
(中ほどに上の畑へ向う坂道が見える)は相当急な坂道だったそうです。
 道の端に並ぶ黒っぽい柱は、昭和31年に山内農協が開設した有線放送電話
の電柱です。農協に設置された電話局は放送局も兼ねていて、定時になると
ラジオ放送や地域情報が流れ、火災など緊急時には
発生状況を報せる役目をしていました。

   この平川地区が美しが丘の名前になったのは昭和44年。この4年後です。



保木交差点南よりあざみ野へ向かう(平成16年10月)
写真提供 美しが丘 黒沼さん

■前に戻る■