■ひろたりあん通信バックナンバー
 ▼2004年11月号
わが街 今昔 その1
■青葉区あざみ野一丁目(昭和39年頃)
 

 
 あざみ野の『小桜愛児園』が開園したのは昭和38年のことです。小さな子供を預かってくれる保育園が出来たことは、当時農家がほとんどだった山内地区の人々の大きな助けとなりました。
 細長かった園の運動場は、今のバス通りの中ほどまであり、桜の木の下を流れる早淵川も今と違い、右の民家の前を走る旧道の方へ大きく蛇行していました。
 今も残る民家の旧道を挟んだ向かいに最近コンビニが出来ました。この牛込の旧道の先が先月号のこの欄で紹介した平川の集落です。左の民家は現在の中華料理店の辺りで、旧道から続く細い道がこの前を通って大場町方面に伸びていました。
 

 

小桜愛児園より新橋交差点付近をのぞむ(平成16年11月)


■前に戻る■