■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2005年8月号
わが街 今昔 
■青葉区荏子田1丁目(昭和48年11月)
 

 先月号の写真の西側、元石川から荏子田にかけての景観です。

 平崎橋から安藤酒店の裏を通る旧道は、元石川高校へ向うバス通りに出て次の信号を右に入り遊水池へ抜けます。この旧道沿いには、通称「がんがん穴」と呼ばれる6世紀後半に造られた横穴古墳が残っています。がんがん穴(朝日公園)の近くに八幡社があることから、この辺りは八幡谷戸と呼ばれていました。

 荏子田は北側に山を背負っているため夏は涼しく、冬は暖かい。人が住むのに一番適した土地だといわれていました。その山からは縄文や古墳時代の遺跡がたくさん見つかっています。荏子田1〜3丁目が出来たのは昭和59年のことです。

 

あざみ野4丁目満願寺より元石川・荏子田方面を望む(平成17年8月)
写真提供 あざみ野 山岸さん

■前に戻る■