■ひろたりあん通信バックナンバー
 ▼2005年11月号
わが街 今昔 
青葉区千草台(昭和47年頃)
 

  日本の大動脈「東名高速道路」。昭和44年(1969年)、大井松田IC〜御殿場IC間が開通し、東京から愛知県小牧市まで346キロに及ぶ全線が開通しました。

 左側に見えるマンションがヒルズ千草台。その奥に市ヶ尾町の東福寺から荏田西にかけて緑豊かな山が続いています。

 この麓、下谷本町に青葉インターチェンジができたのは平成10年(1998年)の三月です。自然が豊富で見晴らしのよかったインターの回りも高い防音壁が視界をさえぎり、写真も橋のフェンスの上から思い切り手を伸ばして撮影しなくてはいけなかったそうです。
 

 

東名高速・港北パーキングエリア横より市ヶ尾方面を望む(平成17年10月)
写真提供 梅が丘 伊藤さん

■前に戻る■