■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2006年11月号
わが街 今昔 
青葉区新石川1丁目(昭和51年)

  明治6年、学制が発布された翌年に観福寺〔現、荏田町〕に作られた「荏田学舎」と明治10年に満願寺〔現、あざみ野〕に作られた「小学石川学校」が山内小学校の前身となります。

 谷本、田奈、鉄小学校と並び、青葉区で最も古い小学校のひとつです。

 昭和12年4月、『山内尋常高等小学校』として現在地に移転。
 写真の木造校舎で授業が始まりました。その間、この地域の発展と生徒数の人口増の関係で、分校や仮校舎が各地に作られました。

 昭和44年に美しが丘小が独立し、荏田、すすき野、元石川、あざみ野第一と順次独立すると、児童数減のため木造校舎は解体されました。鉄筋校舎が完成したのは昭和56年です
 

 

横浜市立山内小学校校舎(平成18年11月) 写真提供 荏田町 細谷さん

■前に戻る■