■ひろたりあん通信バックナンバー
 2007年6月号
わが街 今昔 
■青葉区大場町(平成2年)

 平成2年、再建工事着工以前の「諏訪神社」です。

 棟札によると、宝暦6年(1756年)に、当時の大場村領主・筧(かけい)氏により、大場村鎮守産土神「諏訪大明神」として創建されたとあります。 筧家は、三河時代から松平家に仕え、徳川旗本八万騎にも名を連ねる一族です。

 古来より東国第一の軍神として崇められてきた信州の諏訪大社は、武士によって篤く信仰され、全国に勧請されました。

 新編武蔵風土記稿に「石段60段を登りて…」とあるように、大場町の造成が始まるまでは、社殿は石段を上がった高台にありました。鳥居の横には子どもたちの遊び場があったそうです。


 

大場町の鎮守「諏訪神社」(平成19年6月)
 
写真提供 川崎市宮前区 渡辺さん

■前に戻る■