■ひろたりあん通信バックナンバー
2008年4月号
わが街 今昔 
■青葉区荏田北3丁目(昭和41年3月)
 昭和41年4月1日、東急田園都市線が長津田まで延長開業しました。

写真は、江田駅を出た試運転の車両(東急7000系・昭和37年から製造された日本初のオールステンレス車)が市ヶ尾の隧道に入るところ、車掌さんが乗務員室のドアからからだを出しているのが見えます。
 左隣に並走する坂道は、この1年半前に開通(昭和39年・東京〜沼津間)した国道246号です。線路脇の乗用車が停まっている所から、右端の藪の向こう側に大山道(矢倉沢往還)の旧道が斜めに通っていましたが、このように分断されてしまいました。 右側の砂利道が舗装され、現在『鎌倉街道散策のルート』になっています。。 ※この場所に踏切があったのではないかとの指摘が読者の方からありましたが、田園都市線の踏み切りは、開業当初、たまプラーザ〜あざみ野間と、田奈の二箇所にあったのみで、この場所にはありません。
 現在、田園都市線には踏み切りは一ヵ所もありません。  

田園都市線市ヶ尾隧道前から、市ヶ尾の丘陵地を望む(平成20年4月)
写真提供 東京急行電鉄

■前に戻る■