■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2008年12月号
わが街 今昔 
青葉区市ヶ尾町・市ヶ尾駅前交差点(昭和43年2月12日)

 先月号の写真、市ヶ尾駅前交差点の北側(右)になります。

 国道246号の左に見える建物は、駅前プラーザビル建設のための飯場です。道路を挟んだ右側の建物は「ロビン」というレストラン。
 国道246号線沿いには、藤が丘に上って行く坂の途中に「わらじとんかつ」を食べさせる「藤が丘ドライブイン」もありました。(写真中央)

 このお店と当時の246号は、映画「男はつらいよ」の原典ともなった渥美清主演のドラマ「泣いてたまるか」(昭和41〜43年放映)に登場しています。

 写真下の道路が現在の市ヶ尾商店街。関口金物店が開店したのは、この年の12月(左下)、隣にあった「はしもと」という家具屋さん(現ファミリーコーポ)は、6年後にオープン。その後、続々と商店が立ち並び、現在の市ヶ尾商店街ができたのです。  

市ヶ尾ファミリーコーポ10階より藤が丘方面を望む(平成20年12月)
 
写真提供 市ヶ尾町 荒川さん


■前に戻る■