■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2009年1月号
わが街 今昔 
■青葉区たちばな台1、2丁目(昭和26年頃)  

 開発前のたちばな台、かつての成合村の田園風景です。

 左手、丘陵に沿って走る農道は、鴨志田から青葉台へと続く環状4号線に姿を変えました。現在、様々な商業施設や病院が立ち並び、車の往来が激しい環状4号線周辺も、かつては『寺家ふるさと村』のように、谷戸田が細長く続き、れんげや菜の花が咲きこぼれる美しい農村の風景が広がっていました。

 昭和46年、「右近の橘、左近の桜」の故事にちなみ、桜台の隣町ということで「たちばな台」と名付けられ、田園風景は閑静な住宅地へと変貌しました。

 現在の成合町は、鴨志田にあった成合村の飛び地になります。
 

環状4号線成合交差点付近より、青葉台方面を望む(平成21年1月)  
写真提供 たちばな台 綾部さん  


■前に戻る■