■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2009年7月号
わが街 今昔 
■青葉区新石川 驚神社(大正10年頃)  

 今からおよそ90年前の驚神社の参道入口です。

 当時の道がかなり下にあるのが分かります。掲示板の下、鳥居の手前に転がっている石は、力石でしょうか? 江戸時代から氏子の若者が担ぎ上げて力を競った力石は、現在境内に飾られています。  この頃の社殿は草葺きで粗末だったそうです。昭和9年に増改築され、石段や太鼓橋、狛犬が奉納されました。翌年の落成式と遷宮式の盛大さは、当時を知る人の間で語り草になっていたそうです。

 社殿は昭和57年に改修され、屋根は銅版葺きになりました。マンションが立ち並ぶ境内の周りには田んぼがあり、綺麗な清水が湧いていました。蛍が沢山飛んでいたそうです。清水は太鼓橋の下を流れ、早渕川に注いでいました。
 

驚神社入り口(平成21年7月)
写真提供 新石川 和菓子紀文堂(飯島さん)  


■前に戻る■