■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2009年9月号
わが街 今昔 
■青葉区美しが丘四丁目(昭和38年)
 

 松の木の林の中、ひっそりと佇む茅葺き屋根の社殿。趣のあるこの神社は、都筑郡石川村の集落・平川(現在の美しが丘、元石川)の鎮守「平川神社」です。
 明治5年の神仏分離令以前は、「山王(さんのう)様」と呼ばれていました。
 現在、鳥居から先の階段は右に折れ、途中の広場から、さらに左に降りる階段があり、参道は住宅街に埋没して無くなっていますが、当時は、鳥居から階段が真っ直ぐに降り、参道もそのまま県道13号横浜生田線のバス通り(覚永寺下交差点)まで続いていました。
 戦前の祭礼では、平川地区総がかりで舞台をこしらえて村芝居を行ったそうです。舞台は、鳥居の右手前(写真)に本格的に造られ、お客さんは社殿の方から見物したそうです。
 

平川神社境内(平成21年9月) 
写真提供 美しが丘 横倉さん

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■