■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2010年1月号
わが街 今昔 
青葉区荏田町(昭和40年代中頃)

 中央の校舎は、山内小学校の第二分校(荏田分校)。

 昭和48年7月に荏田小学校が出来るまで、子供たちはここで学んでいました。 昭和20年代は、川(早渕川)に並行して校舎が建っていたそうです。現在その場所には『荏田地域ケアプラザ』が建っています。

 写真右上、早渕川と布川の合流点右側が大山街道の荏田宿入口になります。 この頃のバス通りは、荏田小机停車場線と呼ばれ、荏田宿を通っていました。  カーブの右側の大きな屋根が現金屋さん(現在JA横浜荏田支店。当時の農協は、橋の手前の長細い建物)、現金屋さんの斜め手前に郵便局、隣(下)の小松屋さん(玩具・小間物店)には大きな一里榎が立っていました。

 現在のバス通りは、まだ舗装もされていません。  

都筑区中川三丁目より、旧荏田宿付近を撮影(平成22年1月)
写真提供 荏田町 吉沢さん


■前に戻る■