■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2011年5月号
わが街 今昔 
都筑区荏田南町(昭和48年頃)

  荏田小学校の南側に広がる田園風景です。ここから南に向かって伸びる谷戸を柚木(ゆのき)谷戸と呼びます。左手の用水路には、メダカが泳ぎ、亀もいたそうです。

 剱神社の参道は荏田小学校の敷地を通り、この用水が早渕川に合流する水門付近まで続いていたそうで、水門付近に鳥居が建っていたことから、『とりい戸』という名前で呼ばれていました。

 柚木の集落は広く、写真中央の森の向こうを「中村」。その先、荏田東第一小学校の辺りを「京塚」。右側の丘から西に向かって「権現谷戸」。他に「折田」「華蔵台」など11箇所の字がありました。剱神社の手前のこの辺りは字「宮前」呼ばれています。

 荏田の古老は「ゆのき」ではなく「えのき」と呼んでいました。参道付近に榎の大木があったことが理由で、それが柚木の地名の起源だという話も伝わっています。 

 宮前の田んぼでは、毎年荏田小学校の子どもたちによって、田植えと稲刈りが行われています。ゆるやかな変化もまた、「わが街今昔」なのです。
 

 

荏田小学校裏手より南側の田園を望む(平成23年)

写真提供  荏田町 加藤正彦さん
 

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■