■ひろたりあん通信バックナンバー
2011年9月号
わが街 今昔 
■青葉区美しが丘(昭和42年)

 完成直前の『たまプラーザ団地』です。その手前の広い空き地(現在の美しが丘公園)には、団地建設のための資材が置かれています。建物が完成したのは、翌年(昭和43年)、分譲が始まると入居希望者が殺到したそうです。

 TVドラマ『ウルトラセブン』の47話「あなたはだぁれ?」で、宇宙人に占領されてしまう団地の舞台となったのも同じ年。「美しが丘1〜3丁目」が誕生し、『美しが丘小学校』が開校したのは、そのまた翌年です。

 そのわずか9年後(昭和58年)、200mほどしか離れていない場所に『美しが丘東小学校』が開校したのは、この地区の急速な人口増加を物語っています。

 ロケット公園の名で親しまれている美しが丘公園が開園したのは、団地完成の翌年(昭和44年)。この年に港北区から緑区が分区。美しが丘1〜3丁目が誕生しました。

 現在、野球場やこどもログハウスなど、周辺住民のスポーツや憩いの場になっているほか、春の花見や桜まつり、夏の盆踊り大会といった大きなイベントが開催されています。6年前に犬蔵から尻手黒川道路に抜ける道が開通したことにより、イベントも年々賑わいを増しています。
 

 

美しが丘公園の東からたまプラーザ団地を望む(平成23年)
 

写真提供 美しが丘 倉本文雄さん

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■