■ひろたりあん通信バックナンバー
2012年3月号
わが街 今昔 
青葉区美しが丘一丁目(昭和42年頃)
 

  造成地にポツンとそびえ立つのは、たまプラーザ駅前ビル(県公社)。

 半地下2階地上10階建てのこのビルが完成したのは昭和43年3月。※完成した年に放映されたウルトラセブン『第四惑星の悪夢』の回に出来たばかりのビルが登場します。

 その手前にある民家は、この辺りで一軒しかなかった鮮魚店の『魚幸(うおこう)』さん。当時は御用聞きにまわり、お客さんの家に配送もされていました。(現在も仕出しや二階お座敷での宴会場として、地元の人に愛され続けています)

 駅の向こうに見える樹木の鬱蒼とした山は小屋場(こやば)と呼ばれた地域。現在、新石川小学校が建っているあたりです。その麓は高津谷戸(たかつやと)と呼ばれていました。

 県公社の前に『イトーヨーカドー』が出来たのは、この写真の12年後となる昭和54年、盆踊り会場でもあった隣の空き地に東急SCができたのは、さらに三年後の昭和57年のこと。

 その後、続々とビルが立ち並び現在のような商業地域に変貌していきました。

 

駅前通り商店街『銀座山形』付近より、たまプラ駅方面を望む(平成24年3月)

写真提供 : 倉本文雄さん

 

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■