■ひろたりあん通信バックナンバー
2012年5月号
わが街 今昔 
青葉区あざみ野二丁目 昭和52年5月
 

 5月25日、あざみ野駅は開業35周年を迎えます。

 田園都市線(溝ノ口〜長津田)が開通したのは昭和41年4月1日。それから遅れること11年と1ヶ月、待望の『あざみ野駅』が開業しました。

 開業時に作られた記念乗車券は1978年の「第1回記念きっぷ大賞」で、私鉄部門大賞を受賞したそうです。

 16年後の平成5 (1993)年には、港ヨコハマと丘のヨコハマを結ぶ、横浜市営地下鉄3号線(ブルーライン)が接続。その後、あざみ野駅の乗降客が急増したために、平成14(2002)年3月のダイヤ改正時に市民の要望で急行停車駅となりました。

 平成18(2006)年、歩行者の安全確保と交差点での自動車の渋滞緩和のため、西口ロータリーの改良工事(バス・タクシー・自家用車の通行区分、左折ライン、スクランブル交差点)が施され、平成20(2008)年7月末には、西口駅前広場バス停留所の上家を拡張し、雨の日に傘をささずに並べるようになりました。

 駅構内にも、カフェ、惣菜店、生花店、郵便局、青葉区役所出張所などが出店。殺風景だった駅も、お客さんが利用しやすい優しい駅へと変貌を遂げました。

田園都市線あざみ野駅西口(平成24年)
 

写真提供 : あざみ野 飯島一世さん

 

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■