■ひろたりあん通信バックナンバー
2012年8月号
わが街 今昔 
青葉区藤が丘一丁目・下谷本町 昭和34年

 のどかな田園風景は鶴見川の西、JA中里支店(農協)や青葉自動車学校のある辺りです。砂利道の土手に座り微笑む二人は、当時【農協】に勤務されていた女性。写真は、ちょうど廣田新聞・藤が丘支店のある辺りで撮影されました。

 当時の農協は、田園都市線の線路を挟んだ新聞店の向かい側(現在、駐車場)にありました。その農協の横(二人が座っている場所の手前)には、50坪(165.28u)ほどの蓮田があり、ハスの実は戦前戦後の子供たちの「おやつ」になったそうです。
 
 写真奥に鶴見川が流れています。市ヶ尾から川和まで川の土手は竹藪で覆われていました。その向こうの高台(右手)は朝光寺の丘。戦前は「原っぱ」と呼ばれ、子供たちが「兵隊ごっこ」などをして遊んだそうです。

 谷本小学校からの帰り道、子供たちが楽しそうに駆けていきます。この方角に帰るのは、上谷本方面から通う児童だそうです。現在の年齢は60歳前後になるでしょうか? ご自身が「写ってる」という方は、ぜひ、ご連絡ください。情報お待ちしています。

廣田新聞藤が丘支店付近より市ヶ尾駅方面を望む(平成24年)


 

写真提供 : 市ヶ尾町 金井さん

 

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■