■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2013年12月号
わが街 今昔 
■都筑区中川4丁目 昭和63年4月(1988年)

 山崎公園の造成工事の時の写真です。(整備年度、昭和61年~平成2年。公園面積6.73ha) 

 山崎公園は、市営地下鉄「中川」駅の南、高層マンション「港北ガーデンヒルズ」の隣にある自然公園。緑の中に池、運動公園、プールなどの遊戯施設を配置し、レクリエーション活動や憩いの場として近隣住民に親しまれています。

 港北ニュータウンは、緑の資源を最大に保存、活用した公園を緑道や歩行者専用道路で結び、都市災害対策にも役立てる街づくりを目的に造られました。山崎公園も元からあった緑豊かな丘陵地や谷を利用して造られています。

 写真奥の丘陵部は広々とした運動公園として整地され、その隣にはプールなどの水遊戯施設が配置されました。池や運動公園は、洪水時に雨水貯留施設としての役割を備えているそうです。

 水遊戯施設の場所は(牛久保水系)の水源地。中川周辺は縄文の昔から人々が住み続けた土地でした。水源地から湧き出した水は緑道を流れ、その「せせらぎ」の音が公園を訪れた人々に安らぎを与えています。

 

牛久保中川線の道路「水明ずい道」の上から山崎公園の池を望む



写真提供 中川 石井さん

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■