■ひろたりあん通信バックナンバー
▼2014年11月号 
わが街 今昔 
■青葉区美しが丘一丁目 昭和59年頃(1984)



 今年30周年を迎えた『城南信用金庫たまプラーザ支店』。そのオープン時の駅前通り商店会の写真です。

 道路に書かれたスクールーゾーンの大きな文字。車の形が時代を感じさせます。歩道もアスファルトではなく、石畳でした。

 現在、『コナミスポーツクラブ』のある場所には、パブと和食屋さんがありました。右手前のパブ『ミユキ』は、たまプラーザで最初に出来たパブ・スナックだそうです。隣、『能登屋』さん二階の宴会場は、地域の人たちの忘年会などによく使われていました。、
 写真奥のビル(第七松美ビル)には、右から、『ミスタープリンター』、ジーンズショップ『ウィングス』、中華の『栄楽』が入っていました。当時から続いているのは、『昭和薬局』、理容『センゴク』、 酒の『イズミヤ』、『光青果』、『フラワーながい』、『アサヒデンキ』『花むら』、『砂塚珈琲』…30年で、行き交う人の姿も、車の形も、そして、お店もずいぶんと変わってしまいましたが、明るく声をかけあい、困ったときは助けあう。商店会の人情だけは変わっていません。



美しが丘橋より、たまプラーザ駅前通り商店会を望む

写真提供 : 城南信用金庫たまプラーザ支店

当コーナーでは、この地域の古い時代の写真を募集しています。大まかな時代と場所が特定できる写真をお貸しいただける方は、ハガキ、FAX、またはひろたりあん編集部までご応募ください。提供者には謝礼を差し上げます。


■前に戻る■